【スポンサーリンク】

36得点、11リバウンドで勝利に貢献したカイル・クーズマ「これでNBAチャンピオンになれるとは思わない」

36得点、11リバウンドで勝利に貢献したカイル・クーズマ「これでNBAチャンピオンになれるとは思わない」

ワシントン・ウィザーズのカイル・クーズマは現地10日に行われたダラス・マーベリックス戦で36得点、11リバウンド、6アシストの活躍を見せ、ウィザーズを勝利に導いた。

NBAオールスターのルカ・ドンチッチの株を奪うようなパフォーマンスでウィザーズを牽引し、チームを今季2度目となる連勝に導いたクーズマ。

だが、クーズマによると、NBA最高の使用率39.1%を誇るドンチッチのようにメインのボールハンドラーとしてプレイしたい欲はあるものの、それではNBAタイトルを勝ち取れないという。

クーズマは自身について次のようにコメント。NBC Sports Washingtonが伝えている。

メインのボールハンドラーとしてプレイしたいのは間違いない。

100%だ。

僕はチャレンジが大好き。

39.1%ではないかもしれないが、少しアグレッシブにプレイしている。

だが、これでNBAチャンピオンになれるとは思わない。

ただ、僕にはチームメイトたちを良くする能力があるし、スコアリングもあるし、いろんなことができるタイプの選手なんだ。

僕は今この瞬間を生きるように心がけている。

この夏は自己分析を何度もやったし、瞑想にも取り組んだ。

人生のためになることならどんなことでもやる。

やがて実を結ぶだろう。

金、バスケットボール、成功は、いずれやってくる。

初めて契約を結んだ時に学んだことだ。

僕はただ今を生き、バスケするだけさ。

エースのブラッドリー・ビールが離脱したのを受け、クーズマはより大きな役割を担っている。

来年夏にFAになることもあり、今年2月のトレード期限頃には多くのNBAチームから関心を持たれると見られているが、いずれにせよクーズマにとって今季はNBAキャリアをさらに前に進めるシーズンとなりそうだ。

なお、クーズマの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数12354
平均出場時間32.830.5
平均得点18.815.7
平均リバウンド7.76.2
平均アシスト2.472.2
平均スティール0.30.6
平均ターンオーバー2.01.9
FG成功率46.9%44.9%
3P成功率35.1%33.9%
フリースロー成功率73.3%72.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA