【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがトレードでウォリアーズに移籍する可能性は?

レブロン・ジェイムスがトレードでウォリアーズに移籍する可能性は?

ロサンゼルス・レイカーズは現在19勝23敗でウェスタン・カンファレンス13位と、NBAプレイオフはもちろんプレイイントーナメント出場圏外にとどまっている。

もしレイカーズが今季も十分な結果を残すことができなかった場合、NBAオールスターのレブロン・ジェイムスがトレードを要求する可能性があると噂されている。

これまで古巣マイアミ・ヒートやクリーブランド・キャバリアーズなどへの移籍が噂されてきたジェイムスだが、あるNBAチームの幹部によると、昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズがジェイムス獲得に動く可能性があるという。clutchpoints.comが伝えている。

もしレブロン獲得のための入札戦争が起こった場合、ウォリアーズは素晴らしい位置にいる。

なぜなら、彼らには(ジェイムス・)ワイズマン、(ジョナサン・)クミンガ、(モーゼス・)ムーディー、(パトリック・)ボールドウィンといったレイカーズが求めるであろう若手選手たちが揃っているからね。

ただし、(ジョーダン・)プールもしくは(アンドリュー・)ウィギンスを加えなければならないだろうし、簡単ではない。

だが、もし彼ら(ウォリアーズ)がいま勝利を望んでいるなら、レブロンを獲得するためにプールを諦めることもできる。

もし彼らがドレイモンド(・グリーン)をキープし、ステフ(・カリー)、クレイ・トンプソン、ドレイモンド、そしてレブロンが一緒になれば、おもしろくなるだろう。

見ていておもしろいチームになるだろうね。

ウォリアーズが引退が間近に迫っているであろうジェイムスを獲得するために若手有望株たちを放出することは考えがたい。

昨季はベテランと若手が融合してNBAタイトルを獲得しただけに、ウォリアーズのフロントオフィスは次世代への移行を踏まえながらロスターを構築するだろう。

とはいえ、もしトレードが実現すれば、カリー、トンプソン、グリーン、ジェイムス擁するウォリアーズは脅威のチームになるに違いない。

なお、ウォリアーズの現在のロスターは以下の通りとなっている。

選手キャリア備考
パトリック・ボールドウィンJr02024-チームオプション
ステフィン・カリー132026-完全FA
ドンテ・ディヴィンチェンゾ42023-プレイヤーオプション
ドレイモンド・グリーン102023-プレイヤーオプション
ジャマイカル・グリーン82023-完全FA
アンドレ・イグダーラ182023-完全FA
タイ・ジェローム32ウェイ契約
ジョナサン・クミンガ12024-チームオプション
アンソニー・ラム22ウェイ契約
ケボン・ルーニー72025-完全FA
モーゼス・ムーディー12024-チームオプション
ジョーダン・プール32027-完全FA
ライアン・ロリンズ02025-制限付きFA
クレイ・トンプソン112024-完全FA
アンドリュー・ウィギンス82026-プレイヤーオプション
ジェイムス・ワイズマン22024-制限付きFA

【スポンサーリンク】

コメントを残す