【スポンサーリンク】

クリス・ポールがディレイ・オブ・ゲームのコールに苦言

クリス・ポールがディレイ・オブ・ゲームのコールに苦言

フェニックス・サンズのNBAオールスターポイントガード、クリス・ポールは、先日行われたトロント・ラプターズ戦でディレイ・オブ・ゲームをコールされた。

昨季に続き今季も多くのNBA選手がレフェリーの軽いテクニカルファウルコールやファウルをコールしないことに不満を漏らしているが、NBAキャリア18年目のポールも彼らに加わったようだ。

ポールはディレイ・オブ・ゲームをコールされたことを受け、次のように指摘したという。the Arizona Republicが伝えている。

特に長くプレイしている選手にとって、テクニカルファウルをコールされるのは厳しい。

その多くが些細なことだし、ルールの解釈をコントロールしている。

僕は選手たちが毎晩コールされているのを見ている。

バスケットボールゲームをたくさん見ているが、選手がボールを落としただけでディレイ・オブ・ゲームをコールされるのは見たことがない。

ここ数年で新人のNBAレフェリーが増え、一貫していないように感じるコールも見られるようになった。

NBA選手たちのオフィシャル批判はこれからも続くだろうが、スポーツマンシップに則った言動を期待するとともに、NBAにも対策を講じることを願いたいところだ。

なお、ポールのラプターズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ラプターズ戦
出場時間35:09
得点20
リバウンド5
アシスト12
スティール1
ブロックショット0
ターンオーバー6
FG成功率50.0%
(6/12)
3P成功率50.0%
(3/6)
フリースロー成功率83.3%
(5/6)
+/--9

【スポンサーリンク】

コメントを残す