【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズ「僕は次世代のNBAの顔になれる」

アンソニー・エドワーズ「僕は次世代のNBAの顔になれる」

NBAではいつの時代もスーパースターが求められている。

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスやケビン・デュラント、ステフィン・カリーの時代が終わりに近づいているのは間違いない。

彼らの後はミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポやデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチといったすでに実績を残している選手たちが引き継ぐだろう。

だが、ミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズはジェイムスやデュラントの次の世代のNBAを代表するスーパースターになれると確信しているという。

「ジェイムスとデュラントが引退した後、君はNBAの顔になれる?」と質問されたエドワーズは、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ああ、100%そう思っている。

そのためには時間とハードワーク、献身が必要だ。

僕はその3つを持っていると思うし、それが僕を頂点に導いてくれると感じているんだ。

そう話すエドワーズだが、メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントやアトランタ・ホークスのトレイ・ヤングなどもNBAの顔となれる才能を有している。

とはいえ、エドワーズが揺るぎない自信を持っているのは良い兆候と言えるだろう。

果たしてエドワーズはハードワークを重ね、次世代のNBAの顔になれるだろうか?

なお、エドワーズの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数72144
平均出場時間34.333.2
平均得点21.320.3
平均リバウンド4.84.7
平均アシスト3.83.4
平均スティール1.51.3
平均ターンオーバー2.62.4
FG成功率44.1%42.9%
3P成功率35.7%34.4%
フリースロー成功率78.6%78.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA