【スポンサーリンク】

オットー・ポーターJrがラプターズ移籍について「タフな決断だった」

オットー・ポーターJrがラプターズ移籍について「タフな決断だった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAタイトル奪還に貢献したベテランフォワード、オットー・ポーターJrは先日、トロント・ラプターズと契約した。

ポーターJrの移籍に驚いたウォリアーズファンもいるかもしれないが、ポーターJrによると、複数のNBAチームからオファーがあったものの、最も居心地が良いのがラプターズだという。

ポーターJrはラプターズ移籍について次のようにコメント。thestar.comが伝えている。

チャンピオンになると、多くの人々はチームの全員が連覇のために戻って来ると思うんじゃないかな。

タフな決断だった。

僕たちは素晴らしいシーズンを送ったが、僕にとってトロントでチャンピオンを狙うのは新しい機会なんだ。

オファーはいくつかあった。

だが、ここが僕が行きたかった場所だ。

君たちも知っての通り、僕の妻はここの出身だし、家族は生活しやすくなる。

素晴らしい組織、素晴らしいチーム、トップを狙おうとしている若いチームだ。

ポーターJrによると、シカゴ・ブルズ時代のチームメイトであるサディアス・ヤングとともにリーダーシップを発揮し、若手たちの成長を手助けすることができるという。

複数のポジションでプレイでき、アウトサイドシュートがあるポーターJrは、メンターとしてはもちろん貴重な戦力としてラプターズに貢献することだろう。

なお、ポーターJrの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数63504
平均出場時間22.226.0
平均得点8.210.6
平均リバウンド5.75.1
平均アシスト1.51.5
平均スティール1.11.1
平均ターンオーバー0.60.8
FG成功率46.4%47.7%
3P成功率37.0%39.8%
フリースロー成功率80.3%79.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA