【スポンサーリンク】

ボビー・ポーティスがニックス時代について「最も惨めだった」

ボビー・ポーティスがニックス時代について「最も惨めだった」

ミルウォーキー・バックスのボビー・ポーティスはこの夏、バックスと4年4900万ドルの契約を結んだ。

バックス移籍後のポーティスは重要な選手のひとりとして活躍し、昨年はNBAタイトル獲得に貢献。

闘争心あふれるポーティスはバックスファンのお気に入りとなったが、ポーティスは先日、「おそらく(ニューヨーク・ニックス)に戻ってプレイするだろう。前回はうまくいかなかった。当時のチームは少し状況が違っていた。パワーフォワードが5人いたんだ」と発言し、将来的にニックスに復帰する可能性を示唆した。

だが、ポーティスはこの発言を訂正した模様。larrybrownsports.comによると、ポーティスは先日の発言を受け、次のようにコメントしたという。

僕はただあおっただけさ。

(ニックスでの日々は)僕のキャリアを通して最も惨めなシーズンだった。

だが、感謝はしているよ。

僕を強くしてくれたのだからね。

ポーティスがニックスのユニフォームを着てプレイしたのは2019-20シーズンのみ。

ニックスでは十分なパフォーマンスを見せることができず、またニックスファンのお気に入りでもなかったため、ポーティスがニックス復帰を切望することはなさそうだ。

なお、ポーティスのニックス時代と昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

2019-202021-22
出場試合数6672
平均出場時間21.128.2
平均得点10.114.6
平均リバウンド5.19.1
平均アシスト1.51.2
平均スティール0.50.7
平均ターンオーバー1.11.3
FG成功率45.0%47.9%
3P成功率35.8%39.3%
フリースロー成功率76.3%75.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA