【スポンサーリンク】

クラッチスポーツ社の力がますます強大に?

クラッチスポーツ社の力がますます強大に?

レブロン・ジェイムスやベン・シモンズ、アンソニー・デイビスなど数々のNBAスターを顧客に持つクラッチスポーツ社は、NBAにおいて大きな力を持っていると噂されている。

もしこの夏にあるトレードが実現すれば、クラッチスポーツ社は特にロサンゼルス・レイカーズに対して強力な力を持つことになるかもしれない。

larrybrownsports.comによると、レイカーズはクラッチスポーツ社がエージェントを務めるニューヨーク・ニックスのキャム・レディッシュに関心を持っており、もしレディッシュを獲得すればジェイムス、デイビス、ケンドリック・ナン、テイレン・ホートン・タッカーのクラッチスポーツ社ファミリーにまたひとり加わるという。

レイカーズ、ニックス、ユタ・ジャズは先日、ラッセル・ウェストブルックやドノバン・ミッチェルを含めた3チーム間トレードの交渉をしたと報じられた。

その中でレイカーズはレディッシュに関心を持っているとされている。

2019年のNBAドラフト10位選手であるレディッシュは、平均二桁得点が期待できる選手だ。

サイズがあり、かつまだ22歳と若いレディッシュは成長の伸び代があり、レイカーズにおいて重要な選手のひとりになる可能性を秘めている。

だが、もしトレードが実現すれば、クラッチスポーツ社のレイカーズに対する影響力はますます強まることになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    LAL衰退させた原因の1つやな

*

CAPTCHA