【スポンサーリンク】

レイカーズはカイリー・アービング獲得の望みを捨てていない?

レイカーズはカイリー・アービング獲得の望みを捨てていない?

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントはトレード要求を取り下げ、来季もブルックリン・ネッツの一員としてプレイすることになった。

これにより、デュラントの親友であるカイリー・アービングもネッツに残留すると見られている。

アービング獲得を切望していたロサンゼルス・レイカーズにとって残念な結果となってしまったが、レイカーズは望みを捨てていないのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはアービングが来年夏にFAになった時、彼と契約できるチャンスがあると信じているという。

もし来年夏にアービングと契約できるなら、レイカーズは2つのNBAドラフト1巡目指名権を犠牲にせずに済むだろう。

また、ネッツが来季十分な戦いを見せることができなかった場合、2月のトレード期限までにアービングをトレードで放出する可能性も否定できない。

それと同時にレイカーズも結果を残せていなかった場合、レイカーズはNBAドラフト1巡目指名権や主力選手を放出してアービング獲得を狙う可能性がある。

とはいえ、ネッツとレイカーズの来季の成績次第となるため、両チームは引き続き注目を集めることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA