【スポンサーリンク】

トリプルダブルのカイル・クーズマにウェス・アンセルドJrHC「ビッグタイムプレイメイカー」

トリプルダブルのカイル・クーズマにウェス・アンセルドJrHC「ビッグタイムプレイメイカー」

ワシントン・ウィザーズは現地1日にミルウォーキー・バックスに勝利し、連勝を5に伸ばした。

この日は26得点を挙げた八村塁を筆頭に、クリスタプス・ポルジンギスが22得点、ダニエル・ギャフォードが17得点、カイル・クーズマが10得点、13リバウンド、11アシスト記録し、勝利に貢献。

バックスをNBAチャンピオンに導いたヤニス・アンテトクンポ、ジュルー・ホリデー、クリス・ミドルトンが不在だったとはいえ、ウィザーズにとって会心の勝利だったと言えるだろう。

ウィザーズを指揮するウェス・アンセルドJrHCは、トリプルダブルを達成したクーズマの献身を特に高く評価しているようだ。

アンセルドJrHCはバックスに勝利した後、クーズマについて次のようにコメント。washingtonpost.comが伝えている。

彼はビッグタイムプレイメイカーだ。

オープンフロアで楽にプレイしているし、ポストでもプレイしている。

彼のペースアップは我々にとって本当に良いものだ。

彼はあらゆる小さなことに取り組んでいる。

それが重要なんじゃないかな。

ブラッド(ブラッドリー・ビール)は離脱している。

彼(クーズマ)とクリスタプス・ポルジンギスはオフェンス面の負担を担わなければならない。

だが、我々は彼らを通してプレイしようとしているし、彼らは進んでボールをシェアしているんだ。

この日のウィザーズは序盤からバックスを圧倒し、第1Q以降はFG成功率50%以上を記録したという。

ウィザーズはつい先日まで10連敗を喫するなど、著しく調子を落としていた。

だが、現在5連勝中と絶好調だ。

今季のクーズマはスコアリングで注目を集めているが、プレイメイカーとしても成長することができれば、ウィザーズのNBAプレイオフ進出の道は開けるに違いない。

なお、クーズマのここ5試合と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

過去5試合2022-23
出場試合数537
平均出場時間35.135.2
平均得点20.221.4
平均リバウンド8.07.6
平均アシスト6.03.8
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー3.82.9
FG成功率47.1%46.5%
3P成功率32.3%34.3%
フリースロー成功率73.3%69.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す