【スポンサーリンク】

ニックスへのトレードを予想していたドノバン・ミッチェル「この夏のことはもう終わったこと」

ニックスへのトレードを予想していたドノバン・ミッチェル「この夏のことはもう終わったこと」

NBAオールスターガードのドノバン・ミッチェルは、この夏のトレードでクリーブランド・キャバリアーズに移籍した。

ニューヨーク出身のミッチェルは先日、「僕は毎年夏をニューヨークで過ごしている。ニューヨーク・ニックスにトレードされると思っていた」と明かした。

そのミッチェルが現地5日、ニックスと対戦するためにマディソンスクエアガーデンに凱旋。

ミッチェルによると、ニックスへのトレードは実現しなかったものの、キャブスの一員としてプレイしていることを嬉しく思っているという。ミッチェルのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

起きたことは起きたことだ。

僕は今いる場所に満足している。

結局のところ、この決定が成されたわけだし、これほどハッピーになれるとは思っていなかった。

だが、ホームタウンに戻って良いプレイをすることは常にモチベーションになる。

誰でもそうだ。

ただ、この夏に起きたことはもう終わったことだ。

僕はキャバリアーズと一緒にいられて幸せだよ。

この日のミッチェルは23得点を記録したものの、FG成功率36.4%(8/22)、3P成功率18.2%(2/11)と振るわなかった。

だが、ミッチェルにとってホームのファンの前でプレイする特別な時間になったことだろう。

なお、ミッチェルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数22367
平均出場時間36.533.9
平均得点28.424.1
平均リバウンド3.94.1
平均アシスト4.94.5
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー3.12.8
FG成功率48.8%44.4%
3P成功率42.1%36.5%
フリースロー成功率88.5%83.7%

【スポンサーリンク】

コメントを残す