【スポンサーリンク】

シーズンベストのパフォーマンスを見せたカワイ・レナード「僕が集中しているのはプレイオフバスケットボール」

シーズンベストのパフォーマンスを見せたカワイ・レナード「僕が集中しているのはプレイオフバスケットボール」

ロサンゼルス・クリッパーズのNBAスター、カワイ・レナードは、今季9試合の出場にとどまっている。

安定して試合に出場できないためか、シュートタッチが安定しない日々が続いているが、現地12日に行われたボストン・セルティックス戦ではシーズンベストとなる25得点、FG成功率83.3%を記録し、チームを牽引。

レナードの復活に多くのクリッパーズファンは歓喜しただろうが、レナードは現状を冷静に見ているようだ。

レナードは昨季NBAファイナリストのセルティックスに勝利した後、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

今夜のことは気にしていない。

今夜はここにいたくない。

僕はシーズン終わりに集中している。

プレイオフバスケットボールに集中している。

今夜のことはどうでもいい。

そう語ったレナードだが、クリッパーズはこれまで選手たちの負傷離脱に悩まされてきただけに、レギュラーシーズン1試合1試合を大切にし、ケミストリーを構築したいところだろう。

だが、サンアントニオ・スパーズとトロント・ラプターズをNBAチャンピオンに導いた実績を誇るレナードは、クリッパーズをフランチャイズ初となるNBAタイトル獲得に導くべく最善を尽くすに違いない。

なお、レナードのセルティックス戦のスタッツは以下の通りとなっている。

セルティックス戦
出場時間29:12
得点25
リバウンド9
アシスト6
スティール1
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率83.3%
(10/12)
3P成功率66.7%
(2/3)
フリースロー成功率50.0%
(3/6)
+/-+23

【スポンサーリンク】

コメントを残す