【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンスがウルブズ時代を振り返り「時間が必要だった」

アンドリュー・ウィギンスがウルブズ時代を振り返り「時間が必要だった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンスは、昨季を飛躍のシーズンとした。

NBAオールスターに初選出され、ウォリアーズのNBAタイトル奪還において大きな役割を果たしたウィギンス。

そのウィギンスが、カール・アンソニー・タウンズとザック・ラビーンとともにプレイしたミネソタ・ティンバーウルブズ時代を振り返った模様。

「3人がポテンシャルを発揮する前に解散してしまったと思う?」と質問されたウィギンスは、次のように語ったという。fadeawayworld.netが伝えている。

どうにもならないが、考えるよ。

僕たち全員がまだ若かった。

本当に才能あるチームだったし、僕たちには時間が必要だった。

だが、すべてのことには理由がある。

ザックはシカゴに移籍した。

彼はとんでもないキャリアを送っているし、オールスターゲームに複数回出場したよね。

KATはミネソタでやるべきことをやっているし、僕はここでオールスターに初選出され、チャンピオンになった。

僕はこのストーリーと旅が大好きだが、今いる場所にすごく満足しているよ。

もしタウンズ、ウィギンス、ラビーンがウルブズに残留していれば、ウルブズは今頃NBAタイトルコンテンダーになっていたかもしれない。

だが、彼らはそれぞれの道を歩み、素晴らしいNBAキャリアを送っている。

彼らはこれからも切磋琢磨し、成長し続けることだろう。

なお、今季のウィギンス、タウンズ、ラビーンのスタッツは以下の通りとなっている。

A・ウィギンスK・A・タウンズZ・ラビーン
出場試合数737467
平均出場時間31.933.534.7
平均得点17.224.624.4
平均リバウンド4.59.8
(キャリアワースト)
4.6
平均アシスト2.23.64.5
平均スティール1.01.0
(キャリアハイ)
0.6
(キャリアワースト)
平均ブロックショット0.71.1
(キャリアワーストタイ)
0.6
(キャリアワースト)
平均ターンオーバー1.53.12.6
FG成功率46.6%52.9%47.6%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
41.0%38.9%
フリースロー成功率63.4%
(キャリアワースト)
82.2%85.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA