【スポンサーリンク】

ジャーメイン・オニール グレン・デイビスのタックルに「汚いプレイ」

日本時間2日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズのプレイオフ・ファーストラウンド第6戦の第2Q序盤、“ビッグベイビー”ことグレン・デイビスがジャーメイン・オニールに対してまさに闘牛のようにタックルを見舞った。

その場で数分間うずくまったオニールは、そのままロッカールームへと下がり、試合に戻ることはなかった。

右膝の捻挫と診断されたオニールだが、今後の試合には出場できないかもしれない。

ウォリアーズはすでにアンドリュー・ボガットを負傷で欠いているため、オニールの離脱はさらなるビッグマン不足をもたらしてしまうだろう。

試合後、一連のシーンについてオニールが次のようにコメントしている。

「あれはただの汚いプレイだよ。誰かの足に飛び込むような真似は、俺ならやらないね。あれはルーズボールを追ってたんじゃない。試合で全力を尽くし、家族のためにプレイしている選手たちを俺はリスペクトしてる。でも、それは体が資本だから」

「彼(デイビス)はプロアスリートとしてフィジカルのバランスが取れていない、もしくは単なるダーティープレイのどっちかだよね」

なお、ACL(前十字靭帯)の負傷でなければ、オニールは第7戦に出場すると話している。

このプレイをきっかけに、両チームのバトルはさらに熱くなることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA