【スポンサーリンク】

2014ルーキー・オブ・ザ・イヤー NBA記者の予想

2013-14シーズンのNBAも終盤に差し掛かっているが、どの選手が今季のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝くのか注目が集まり始めている。

今回はNBA記者が予想する2014ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補を紹介しよう。

カート・ヘリン氏

  • マイケル・カーター・ウィリアムス(PHI)
  • ビクター・オラディポ(ORL)
  • トレイ・バーク(UTA)

マイケル・カーター・ウィリアムスは最高のルーキーだ。彼は全ルーキーでトップの平均16.6得点、6.3アシスト、6.1リバウンド、1.9スティールを記録している。

間違いなく誰よりも素晴らしいルーキーシーズンを過ごしたといえるだろう。

ブレット・ポラコフ氏

  • マイケル・カーター・ウィリアムス(PHI)
  • ビクター・オラディポ(ORL)
  • メイソン・プラムリー(BKN)

マイケル・カーター・ウィリアムスは最も安定したプレイをしていた。トリプルダブルも達成できる驚くべき能力も示してくれた。

オラディポも素晴らしいパフォーマンスを見せている。

プラムリーはケビン・ガーネットが欠場している間にスタメンを務め、見事な活躍を見せていた。

ダン・フェルドマン氏

  • マイケル・カーター・ウィリアムス(PHI)
  • ビクター・オラディポ(ORL)
  • トレイ・バーク(UTA)

上位2選手、特にマイケル・カーター・ウィリアムスを選ぶのは難しくなかった。

カーター・ウィリアムスはシーズンを通して活躍していた。

トレイ・バークとメイソン・プラムリーどちらを選ぶか迷ったが、私にはバークのプレイが印象に残っている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA