【スポンサーリンク】

ティム・ダンカン 引退について「起こるときは起こる」

もし今年のNBAファイナルでサンアントニオ・スパーズがチャンピオンに輝いたとしたら、ティム・ダンカンはそのままNBAを引退するかもしれない。

だが、引退についてはダンカンも決めきれていないようだ。

2014年のNBAファイナル前日、引退について聞かれたダンカンは次のように話した。

「起こるときに起こるよ」

ダンカンにとっては引退を考えているどころではないだろう。

目の前に控えているマイアミ・ヒートとのNBAファイナルに集中すべきときなのだから。

ただ、スパーズのビッグ3として君臨しているトニー・パーカーとマヌ・ジノビリは契約をあと1年残している。

たとえヒートに敗れたとしても、パーカーとジノビリが残るならダンカンも現役を続行するかもしれない。

しかし、今年のプレイオフでダンカンのプレイは見納めになる可能性もある。

そう思うとスパーズの勝利を願わずにいられない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA