【スポンサーリンク】

健康問題が限界に達したスティーブ・ナッシュ

日本時間11月11日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ対ロサンゼルス・レイカーズ戦で、スティーブ・ナッシュは背中とハムストリングに痛みを感じ、後半は出場しなかった。

ステイプルズセンターを歩いて出ていこうとしていたところ、メディアに囲まれたナッシュがフラストレーションをぶちまけたようだ。

「今は話すことも億劫だよ。ちょっと感情的になってるんだ。俺は本当にプレイしたいって思ってる。出場時間を制限しなきゃいけないことにもフラストレーションを感じるね」

先日、レイカーズのマイク・ダントーニHCがナッシュの出場時間を制限すると話した。
これはナッシュの健康状態を危惧してのことだ。

当然、ナッシュもダントーニHCの考えを理解している。

フェニックス・サンズのHCを勤めていた時代、ナッシュを指導していたダントーニHCは、
「彼(ナッシュ)のことは理解してるよ。彼があのような状態にあるときは、何かと戦ってるときなんだ」とコメント。

日本時間11月12日、ナッシュはドワイト・ハワードの手術を担当した専門医の診断を受ける予定。

来年2月に40歳を迎えるナッシュだが、体が限界に達してきているようにも見える。

リーグ最高のメディカルスタッフを擁するフェニックス・サンズを離れ、レイカーズへ移籍したナッシュにとって、今季も厳しいシーズンとなりそうだ。

※追記
診断の結果、少なくとも2週間は離脱すると報じられた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA