【スポンサーリンク】

2014ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにジョアキム・ノアが選出

2014年のディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに、シカゴ・ブルズのジョアキム・ノアが選出された。

受賞したノアは、「トム・ティボドーHCのシステムがなければ俺が受賞することはなかった」とコメントしている。

なお、同賞を受賞したブルズの選手としては、1988年のマイケル・ジョーダン以来。

エースのデリック・ローズが負傷離脱し、さらにはルオル・デンを放出したブルズだが、見事プレイオフ進出を決めている。

この躍進を支えていたひとりが、インサイドの柱として気を吐くノアだ。

今季のブルズでは、間違いなくノアがベストプレイヤーといえるだろう。

なお、今季のノアは平均12.6得点、11.3リバウンド、5.4アシスト、1.5ブロックを記録。

イースタン・カンファレンス4位でのプレイオフ進出に大きく貢献した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By bbm

    ローズのシーズンMVPは年間賞に入らないんですか?

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      すみません、ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーの誤りです(^_^;)
      助かりました!

*

CAPTCHA