【スポンサーリンク】

ブルズのコービー・ホワイトのトレード計画は失敗?

ブルズのコービー・ホワイトのトレード計画は失敗?

シカゴ・ブルズはNBAキャリア3年目を終えたガードのコービー・ホワイトをトレードで放出すると見られている。

ロンゾ・ボールが復帰する見込みであり、ベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチを獲得したブルズはガードポジションが過多状態であるため、ホワイトをトレードで放出し、他のポジションを強化したいところだろう。

だが、ブルズはホワイトをロスターに留めるかもしれない。

clutchpoints.comによると、ブルズはホワイトのトレードで望むオファーを得ることができておらず、現状が続くならロスターに残す可能性があるという。

また、ブルズはホワイトに延長契約をオファーしない見込みと報じられている。

ボールの健康状態が不透明であるため、ホワイトをロスターにとどめる意味はあるかもしれないが、もしボールが健康を完全に取り戻すことができれば、ホワイトは来年2月のトレードで放出される可能性が高い。

ブルズとしてはそれまでにホワイトの市場価値を高め、望む見返りを得たいところだろう。

なお、ホワイトの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数61195
平均出場時間27.528.2
平均得点12.7
(キャリアワースト)
13.7
平均リバウンド3.0
(キャリアワースト)
3.6
平均アシスト2.93.5
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.6
平均ターンオーバー1.11.7
FG成功率43.3%
(キャリアハイ)
41.3%
3P成功率38.5%
(キャリアハイ)
36.5%
フリースロー成功率85.7%85.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA