【スポンサーリンク】

JR・スミス「トレイ・ヤングはポイントガードではなくスコアラー」

JR・スミス「トレイ・ヤングはポイントガードではなくスコアラー」

アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、NBAを代表するポイントガードのひとりだ。

昨季は平均28.4得点、9.7アシストを記録し、ホークスをNBAプレイオフ進出に導いたヤング。

多くのNBAファンはヤングを素晴らしいプレイメイカーとして見ているというが、元NBA選手のJR・スミスによると、ヤングはスコアリングファーストのガード選手だという。

スミスはヤングについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼は人々を巻き込むという意味においては、ポイントガードではない。

トレイを見ると、カイ(カイリー・アービング)やステフ(・カリー)により近いんじゃないかな。

彼がポイントガードとしてプレイしているのは、状況がそうさせているんだ。

だが、彼はスコアラーさ。

ホークスはこの夏のトレードでNBAオールスターガードのデジョンテ・マリーを獲得した。

マリーが加わったことにより、ヤングの負担とプレッシャーは確実に軽くなると見られるため、来季のヤングはよりスコアリングに特化するかもしれない。

果たして来季のヤングはどのようなパフォーマンスを見せ、ホークスを牽引するのだろうか?

なお、昨季のヤングは合計得点と合計アシストでNBAトップの数字を記録した。

ヤングの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数76280
平均出場時間34.933.6
平均得点28.425.3
平均リバウンド3.7
(キャリアワーストタイ)
3.9
平均アシスト9.7
(キャリアハイ)
9.1
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー4.04.1
FG成功率46.0%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率38.2%
(キャリアハイ)
35.5%
フリースロー成功率90.4%
(キャリアハイ)
87.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA