【スポンサーリンク】

マイク・ブデンホルツァーHCがヤニス・アンテトクンポに対するハードファウルを受け「NBAは選手たちを保護すべき」

マイク・ブデンホルツァーHCがヤニス・アンテトクンポに対するハードファウルを受け「NBAは選手たちを保護すべき」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

アンテトクンポは特にインサイドで支配力あるプレイを発揮する選手であり、それゆえに相手から激しく接触されることが多い。

だが、バックスを指揮するマイク・ブデンホルツァーHCは、アンテトクンポに対する接触が激しすぎると感じているのかもしれない。

先日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦でのアンテトクンポに対するファウルがフレイグラントファウルとならなかったことを受け、ブデンホルツァーHCは次のように指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

リーグはヤニスに対する接触を見なければならない。

リーグは彼を保護しなければならない。

彼だけではなく、あのような接触を受けている選手たちを保護しなければならない。

リーグは選手たちを保護しなければならない。

ライブで見ていると、(ジェラミ・グラントの)腕が彼の顔面に巻き付いたのは明らかだった。

ライブではフレイグラントファウルのように見えた。

フレイグラントファウルでないとは思えない。

僕はリプレイを見ていない。

だが、肩を高く上げて腕を相手に巻きつけるような行為はバスケットボールのプレイではない。

フレイグラントファウルなのは明らかだ。

レフェリーは映像を何度も確認したものの、フレイグラントファウルをコールすることはなかった。

このプレイについてNBAが調査するか否かは分からないが、再び同じようなことが起きた時に選手の怪我につながらいことを祈るばかりだ。

なお、アンテトクンポの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数13669
平均出場時間32.832.6
平均得点30.122.0
平均リバウンド11.69.4
平均アシスト5.44.6
平均スティール1.11.2
平均ブロックショット1.11.3
平均ターンオーバー3.52.9
FG成功率52.0%53.4%
3P成功率22.0%28.7%
フリースロー成功率57.5%71.3%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ヤニスがどこかで故意に相手怪我させたのか?

    一体いつの話してるんだ?

  2. By 匿名

    ヤニスこそ相手に怪我させてるし危ない接触多いだろ
    選手を保護すべきなのはそうだが

  3. By 匿名

    エンビードの肩タックルもやばかった
    しかもあれでフレ2じゃないという

  4. By 匿名

    危険なチェイスダウンなんてしてないだろ
    まーだ反ユダヤ人のファンが何か言ってるのか?
    お前は人権意識を持てww

  5. By 匿名

    その前にヤニスの危険なチェイスダウンから選手を保護すべき

    • By 匿名

      ヤニスの危険なチェイスダウンなんて調べればすぐ出てくるよ
      あと最近覚えた言葉を使いたい気持ちは小中学生は皆んなそうだから分かるが恥ずかしいよ

*

CAPTCHA