【スポンサーリンク】

キャメロン・ジョンソンがトレードの噂について「僕を入れないでくれ」

キャメロン・ジョンソンがトレードの噂について「僕を入れないでくれ」

NBAキャリア3年目の昨季を飛躍のシーズンとしたフェニックス・サンズのキャメロン・ジョンソンは、延長契約を結ぶことができる。

だが、サンズがケビン・デュラント獲得を狙うと報じられると、トレード要員のひとりとしてジョンソンが浮上。

ジョンソンはそれまでサンズが彼をトレードで放出することはないと思っていたものの、トレードの噂が浮上した時は拒否反応を示しつつも、NBAがビジネスであることを考え始めたという。

ジョンソンはトレードの噂について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

(トレードの噂を聞いた時)僕は「やめてくれ。僕を入れないでくれ」という感じさ。

ウィンディ(ESPNのブライアン・ウィンドホースト記者)やテレビに出ている人間がトレードターゲットの候補を挙げていった。

DA(ディアンドレ・エイトン)、僕、ミカル(・ブリッジズ)の名前が挙がった。

僕は「やめてくれ」と思ったよ。

だが、これはビジネスだ。

もし何かが行われるなら、それは神の計画の一部であり、前に進まなければならない。

チームは最高の利益を得るために動くものだ。

その一方で、僕たちはキャリアをさらに伸ばし、最高の自分になるためにやらなければならないんだ。

ジョンソンによると、これからもサンズの一員としてプレイし、チームメイトたちとケミストリーを高めていきたいという。

サンズはデュラントの希望移籍先候補の1チームに挙がっている。

だが、サンズがエイトンとマックス契約を結び、エイトンがトレード対象外となったことにより、デュラント獲得レースから撤退したと噂されている。

それでも噂は尽きないだろうが、ジョンソンは来季に向けて準備に専念するに違いない。

なお、ジョンソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数66183
平均出場時間26.224.2
平均得点12.5
(キャリアハイ)
10.4
平均リバウンド4.1
(キャリアハイ)
3.6
平均アシスト1.5
(キャリアハイ)
1.4
平均スティール0.9
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー0.70.7
FG成功率46.0%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率42.5%
(キャリアハイ)
39.0%
フリースロー成功率86.0%
(キャリアハイ)
84.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA