【スポンサーリンク】

ペイトン・プリチャードがセキュリティに制止される

ペイトン・プリチャードがセキュリティに制止される

NBAキャリア2年目を終えたペイトン・プリチャードは、ボストン・セルティックスにおいて重要なバックアップガードのひとりだ。

昨季はNBAプレイオフ全24試合に出場し、セルティックスのNBAファイナル進出に貢献したプリチャード。

だが、全米レベルでの知名度はまだ高くないのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、サマーリーグを観戦に訪れたプリチャードがセルティックスのコーチたちがいるエリアの席に座ろうとしたところ、セキュリティに制止されてしまったという。

その結果、プリチャードはセルティックスの幹部に身元を保証され、セルティックスのコーチたちと同じエリアに座って観戦することができた。

プリチャードは昨季NBAファイナルでプレイしただけでなく、昨年のラスベガス・サマーリーグではファーストチームに選出された実績を持つ。

だが、NBA選手としては小柄な体格と素朴な風貌であるプリチャードが知名度を高めるには、さらなる成長が不可欠なのかもしれない。

なお、プリチャードの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数71137
平均出場時間14.116.6
平均得点6.26.9
平均リバウンド1.92.1
平均アシスト2.01.9
平均スティール0.40.5
平均ターンオーバー0.60.7
FG成功率42.9%43.5%
3P成功率41.2%41.2%
フリースロー成功率100%92.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA