【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「ウォリアーズにはどのNBAチームよりも継続性がある」

スティーブ・カーHC「ウォリアーズにはどのNBAチームよりも継続性がある」

ゴールデンステイト・ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心として長く戦ってきた。

今も彼ら3人が中心であることは間違いないが、アンドリュー・ウィギンスやジョーダン・プールなど20代の選手たちの台頭はウォリアーズにポジティブな影響をもたらすだろう。

指揮官のスティーブ・カーHCも若手たちの成長を実感し、ウォリアーズがこれから先長くNBAタイトルコンテンダーとなれると確信しているのかもしれない。

カーHCによると、カリー、トンプソン、グリーンに加え、ケボン・ルーニー、ウィギンス、プールがチームのコアになるという。カーHCのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

我々にはこのリーグのどのチームよりも継続性があると思う。

ウィグスとジョーダンが加わり、彼らは知識を得ている。

我々には本当に強力な基盤があるんだ。

それがこのリーグで最も重要なことさ。

昨季開幕前も同じ状況だったが、1年前とは違いがある。

1年前の我々はコンテンダーになれるか分からなかった。

だから、18勝2敗でシーズンをスタートできたのはすごく大きかった。

自信が深まった。

今季はディフェンディングチャンピオンだが、それが何かを保証するわけではない。

だが、自分たちが何者なのかという点において自信につながる。

メインの6人はチームに残っている。

彼らはどの試合も長い時間コートに立ち、我々の基盤になるんだ。

カリーは34歳、トンプソンとグリーンは32歳と、確実に高齢化しつつある。

だが、これから全盛期を迎えるであろうウィギンスやプール、ルーニー、ジョナサン・クミンガ、モーゼス・ムーディーといった20代の選手たちはNBAチャンピオンになったことで自信を深め、ウォリアーズを牽引する選手に成長するだろう。

ベテランと若手が融合したウォリアーズは、サンアントニオ・スパーズのように長期にわたってNBAタイトルを狙えるチームになるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA