【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「謝罪を受け入れてもらったと思っている」

ドレイモンド・グリーン「謝罪を受け入れてもらったと思っている」

ジョーダン・プールに全力パンチを見舞い、多くのNBAファンから批判されているドレイモンド・グリーンが現地8日、問題行動後初めて公の場に姿を現し、インタビューに応じた。

グリーンは「ジョーダン・プールとプールの家族、ウォリアーズの組織に恥をかかせてしまった」とし、謝罪したことを明かしたが、グリーンによると、少なくともウォリアーズには謝罪を受け入れてもらったと感じているという。

グリーンは謝罪とプールについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕の謝罪はチームに受け入れてもらったと思っている。

少なくとも僕はそう聞いている。

ジョーダンがどう受け止めているかは、僕には分からない。

ジョーダンからはほとんど聞いていないし、僕も期待はしていなかった。

もう一度言うが、僕はジョーダンに時間を与えたい。

ジョーダンの考えを認めることが最も重要だと思う。

彼の考えを変えようとしてはならない。

最も重要なのはジョーダンの気持ちだ。

正直言うと、彼がどう感じているかは僕には分からない。

僕はジョーダン・プールを愛している。

彼は僕のお気に入りの男だ。

僕のジョーダンに対する気持ちは変わらない。

彼のロッカーが初日から僕の隣にあるのは、それが理由だ。

グリーンは自分自身を見つめ直し、状況が落ち着くのを待つため、数日間チームと距離を置くことを明かした。

グリーンによると、指揮官のスティーブ・カーHCと話し合った末にチームと距離を置くことを決めたという。

ウォリアーズが今回の問題を乗り越え、NBA連覇に向けてチーム一丸となれることを祈るばかりだ。

なお、今回の問題についてはグリーンとプールの延長契約状況が裏にあるのではという憶測が広がっているが、グリーンはそれを激しく否定し、「僕は他の人の金を数えたりしない」としている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA