【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「大きな問題は映像が流出してしまったこと」

スティーブ・カーHC「大きな問題は映像が流出してしまったこと」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズが、大きな危機に直面している。

NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンがジョーダン・プールに全力パンチを見舞ってしまったからだ。

だが、ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCによると、グリーンの行為は受け入れることができるようなものではないものの、映像が流出してしまったことも大きな問題だという。

カーHCは今回の問題について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は32年間でおそらく20以上の殴り合いを見てきた。

こういったことは外部に出すべきではない。

我々はもっと良くならなければならない。

これらの話し合いについては公にしない。

誰かがリークしない限りね。

こういったことは組織内に留めることが重要だ。

僕はこのリーグに30年以上いる。

あらゆるクレイジーなことを見てきた。

組織内に留めておけば、すごく対処しやすくなる。

よりクリーンに、より円滑になり、前に進むことができる。

リークされてしまうと、すぐに大混乱に見舞われてしまうんだ。

どんな理由があるにせよ、この組織内からリークされてしまった。

初めてのことではない。

一掃しなければならない。

それが問題の大きな部分だ。

映像が流出されたことを受け、ウォリアーズは流出元を特定すべく「あらゆる法的手段」を用いて調査するとしている。

流出元がウォリアーズのスタッフであれば、おそらく解雇するだろう。

長いNBAキャリアを通してさまざまな問題に対処してきたカーHCとウォリアーズの組織はこの問題を解決し、チームが一丸となれるよう最善を尽くすに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA