【スポンサーリンク】

ニックスがトレードでディアンジェロ・ラッセル獲得を狙う?

ニックスがトレードでディアンジェロ・ラッセル獲得を狙う?

NBAプレイオフ進出を逃したニューヨーク・ニックスは、このオフシーズン中にガードのポジションをアップグレードすると見られている。

ニックスはユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルとダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソンに関心を持っているというが、彼らを獲得できなかった時のためのプランも用意しているのかもしれない。

Bleacher Reportによると、ニックスはミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセル獲得を狙う可能性があるという。

ラッセルは親友のカール・アンソニー・タウンズとともにウルブズを牽引したものの、NBAプレイオフで十分なパフォーマンスを見せることができず、トレードの噂が浮上した。

ニックスのアドバイザーに就任したガーソン・ローザスは、ウルブズ時代にゴールデンステイト・ウォリアーズとのトレードを成立させ、ラッセルをウルブズに呼んだ実績がある。

一方、ジャズがミッチェルをトレードで放出する可能性は低く、またマブスがブランソンを手放す可能性も低い。

つまり、ニックスにとって最も現実的なオプションはラッセルと言えそうだ。

なお、ラッセルの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数65424
平均出場時間32.029.4
平均得点18.117.7
平均リバウンド3.33.5
平均アシスト7.15.6
平均スティール1.01.1
平均ターンオーバー2.52.8
FG成功率41.1%42.0%
3P成功率34.0%35.6%
フリースロー成功率82.5%78.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA