【スポンサーリンク】

ジミー・バトラーがゴーラン・ドラギッチについて「今までで最も辛いFaceTimeだった」

ジミー・バトラーがゴーラン・ドラギッチについて「今までで最も辛いFaceTimeだった」

マイアミ・ヒートは先日のトレードでベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチと若手ビッグマンのプレシャス・アチウワを放出し、トロント・ラプターズから元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーを獲得した。

ラウリーはジミー・バトラーの親友であり、バトラーにとって喜ぶべきトレードだったと言えるだろう。

だが、バトラーはドラギッチとも友情を築いていたため、ドラギッチとの別れに心を痛めたようだ。

バトラーはヒートがドラギッチをトレードで放出したことを受け、次のようにコメントしたという。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちは夏になるといつもFaceTimeを通して話をしているんだ。

この夏のFaceTimeは今までで最も辛いFaceTimeだったよ。

バトラーとドラギッチは欧州サッカーを共通の趣味とし、親交を深めた。

昨年のバブルではバトラーがビッグフェイスコーヒーを開店させると、ドラギッチはビッグフェイスコーヒーに足繁く通ったという。

ドラギッチもバトラーとの別れを辛く思っているだろうが、バトラーはドラギッチに対し、「新たなチームで強引にでもスイッチを入れるべき」とアドバイスを送っている。

幸いにもヒートとラプターズは同じイースタン・カンファレンスのNBAチームであり、シーズン中に何度か再会することができる。

バトラーとドラギッチはその日を楽しみにしているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA