【スポンサーリンク】

オースティン・リーブスのベストポジションはポイントガード?

オースティン・リーブスのベストポジションはポイントガード?

ロサンゼルス・レイカーズのオースティン・リーブスは、素晴らしいルーキーシーズンを送った。

NBAドラフト外でレイカーズに入団したものの、自らの力でローテーション入りを掴み取り、暗い話題続きのレイカーズにおいて数少ない光となったリーブス。

レイカーズもリーブスの成長に期待しているというが、リーブスが最も効果的になれるポジションはポイントガードなのかもしれない。

バスケットボールキャリアの大半をポイントガードのポジションでプレイしてきたというリーブスは、ボールハンドラーの役割について次のようにコメント。silverscreenandroll.comが伝えている。

僕は大好きだよ。

ポイントガードとしてプレイしなかったのは、僕のバスケットボールキャリアで2年くらいじゃないかな。

僕は仲間たちを巻き込み、オフェンスの起点になるのが大好きなんだ。

だが、求められたことをやるだけさ。

オフェンスの起点になる、ハッスルする、ルーズボールに飛び込む。

そのためにここにいる。

試合に勝つために、このチームに最高のチャンスをもたらすためにここにいるんだ。

ヘッドコーチに就任したダービン・ハムがリーブスをセカンドユニットのポイントガードとして起用する可能性は十分ある。

今季、リーブスがポイントガードのポジションでプレイしたのは合計出場時間約1400分のうちわずか4分だったというが、来季はよりボールを持ち、成長につなげることだろう。

なお、リーブスの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22
出場試合数61
平均出場時間23.2
平均得点7.3
平均リバウンド3.2
平均アシスト1.8
平均スティール0.5
平均ターンオーバー0.7
FG成功率45.9%
3P成功率31.7%
フリースロー成功率83.9%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By り

    スリー打ったら9点入るとは…恐ろしい…

  2. By 匿名

    スリー打ったら9点入るとは…恐ろしい…

*

CAPTCHA