【スポンサーリンク】

レイ・アレン「セルティックスがKDを獲得したらセルティックスに復帰した」

NBA史上最高のシューターのひとりであるレイ・アレンは、マイアミ・ヒートでプレイした2013-14シーズンを最後に現役を引退した。

FAになった後に十分な出場機会を得られるチームを探したが、最後まで見つからず、引退を余儀無くされたアレン。

だが、ケビン・デュラントの去就次第でボストン・セルティックスに復帰する可能性があったようだ。

アレンによると、セルティックスがデュラント獲得に成功した場合、アレンもセルティックス復帰を受け入れていたという。アレンのコメントをNBC Sportsが伝えている。

「ケビン・デュラントがFAの時に、(ダニー・エインジと)話をした。彼はボストンに行くことを考えてた。俺は(エインジに)こう言ったんだ。『もし君たちがケビンを獲得したら、俺はもう一度考え、ここボストンで何か良いことを起こすだろう』とね」

だが、デュラントはセルティックスに移籍することなく、すでに無類の強さを誇っていたゴールデンステイト・ウォリアーズと契約した。

もしセルティックスに移籍していればアレンとデュラントというダイナミックなコンビが見られたであろうが、アレンはかつてセルティックスからライバルのマイアミ・ヒートへ移籍した経緯がある。

アレンのセルティックス復帰が実現していたら、セルティックスファンはどう反応したのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA