【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルとカール・アンソニー・タウンズは模範的存在?

オーランドでのNBAシーズンに参加できなかった下位8チームは、今週からワークアウトを再開した。

今週は個人のワークアウトのみに制限されており、来週半ばからチームでのワークアウトがスタートする予定だが、ミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセルとカール・アンソニー・タウンズはリーダーの自覚を持ってワークアウトに取り組んでいる模様。

ウルブズのバスケットボールオペレーション部門代表を務めるガーソン・ローザスによると、ラッセルとタウンズはチームメイトの模範となるべくワークアウトに臨んでいるという。ローザスのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

ディアンジェロは午前7時にワークアウトしている。

カールは午前6時だ。

良いことだね。

選手1人、コーチ1人しかワークアウトできない。

彼らはただ実践し、ソーシャルディスタンスを守るだけでなく、やるべきことをやり、彼らのゲームを次のレベルに引き上げるためだけでなく、チームのレベルを次に引き上げることを理解してやっている。

良いことだ。

ローザスによると、タウンズの手首は完治し、まったく問題は見られないという。

来季はラッセルとタウンズを中心としたチームに完全に生まれ変わり、プレイオフ復帰を目指すウルブズ。

このワークアウトが成果を結び、結果に繋がることを願いたい。

なお、10月上旬まで続くミニキャンプの期間中、NBA選手たちはホテルで生活し、専用のバスで練習会場とホテルを行き来することになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA