【スポンサーリンク】

ケビン・マクヘイルの解雇理由はジェイムス・ハーデンをベンチに下げたこと?

ケビン・マクヘイルの解雇理由はジェイムス・ハーデンをベンチに下げたこと?

ジェイムス・ハーデン擁するヒューストン・ロケッツは、2014-15シーズンのカンファレンスセミファイナルでロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、4勝3敗で勝利した。

1勝3敗と追い詰められながらもその後3連勝し、劇的勝利を収めたロケッツ。

このシリーズで話題を呼んだのが、当時の指揮官であるケビン・マクヘイルがシリーズ第6戦の終盤にジェイムス・ハーデンをベンチに下げたことだ。

シーズン途中に加わったジョシュ・スミスなどベンチプレイヤーが覚醒したことが大きな要因だと思われるが、マクヘイルの起用は功を奏したと言えるだろう。

だが翌シーズン、ロケッツはわずか11試合を終えた時点でマクヘイルを解雇。

スミスによると、クリッパーズとのカンファレンスセミファイナル第6戦でハーデンをベンチに下げたことが解雇の大きな要因だったという。

スミスは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ジェイムスはベストのプレイをしていなかった。

ただ、彼を助けるのは我々次第だった。

マクヘイルはベンチメンバーを出した。

僕や(コーリー・)ブリュワー、トレバー・アリーザ、ジェイソン・テリー、そしてドワイト(・ハワード)。

彼ら(ロケッツ)はジェイムスをベンチに下げた。

彼が解雇された理由はおそらくそれだろうね。

僕はそう信じている。

このシーズンのハーデンはMVPクラスのパフォーマンスを見せていた。

だが、クリッパーズとのカンファレンスセミファイナル第6戦ではFG20本中5本と精細を欠き、ロケッツを勝利に導くプレイができなかった。

では、もしハーデンを出し続け、ロケッツが敗れたとしたら、ロケッツはマクヘイルを解雇しなかったのだろうか?

いずれにせよ、組織内におけるハーデンの力がそれほど大きいということなのかもしれない。

なお、ハーデンのクリッパーズとのカンファレンスセミファイナル第6戦の主なスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦第7戦
出場時間37:0035:0336:2532:2842:5229:5643:08
得点20322521262331
リバウンド53381127
アシスト1271161038
スティール0110001
ターンオーバー9751517
FG6/137/178/165/129/205/207/20
FG成功率46.2%41.2%50.0%41.7%45.0%25.0%35.0%
3P3/63/104/72/41/82/62/7
3P成功率50.0%30.0%57.1%50.0%12.5%33.3%28.6%
FT5/615/155/59/107/811/1115/18
FT成功率83.3%100%100%90.0%87.5%100%83.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA