【スポンサーリンク】

デリック・ローズ「ロードマネジメントがあればブルズにいたかも」

デリック・ローズ「ロードマネジメントがあればブルズにいたかも」

キャリア3年目にしてMVPに輝いたデリック・ローズは、フランチャイズプレイヤーとしてシカゴ・ブルズを牽引する男になると思われていた。

だが、MVPに輝いた翌シーズンに前十字靭帯断裂という重傷を負うと、その後も怪我を繰り返し、トレードでニューヨーク・ニックスへ移籍。

だが、今現在のプレイヤー管理手法、つまりロードマネジメントが当時にもあれば、ローズはブルズでプレイし続けていたかもしれない。

ローズはロードマネジメントについて次のようにコメント。yahoo.comが伝えている。

「スポーツの世界において、異なる時代だった。今はロードマネジメントの時代だ。カワイ(・レナード)にされたようなことが俺にされたとは思ってない。だけど、ロードマネジメントがあれば。俺は今でもシカゴ・ブルズにいたかもしれないね」

当時も主力プレイヤーや身体に問題があるプレイヤーを休ませるという考えはあった。

それを取り入れていたのが、サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCだ。

一方、当時のブルズを指揮していたトム・ティボドーHCは主力プレイヤーたちを酷使する傾向にあった。

それがローズのキャリアに影響を及ぼしたかは分からないが、当時にロードマネジメントという発想が浸透していれば、ローズはもっと早くキャリアを取り戻していたのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA