【スポンサーリンク】

ヤニス・アンテトクンポ ステフィン・カリーとの会話は「PUBGじゃなかった」

先日行われたミルウォーキー・バックスとゴールデンステイト・ウォリアーズのゲーム終了後、ステフィン・カリーがヤニス・アンテトクンポに声をかけ、談笑する様子がとらえられた。

ウォリアーズはアンテトクンポ獲得を狙っていると噂されるため、カリー自らアンテトクンポの勧誘に動いたのでは、との憶測もあったが、カリーは「PUBGに誘ったんだ」と説明。

アンテトクンポのそのジョークにジョークで返したようだ。

カリーとの会話について質問されたアンテトクンポは、次のように返答。clutchpoints.comが伝えている。

「ああ、話をしたよ。だけど、それ(PUBG)じゃなかった。(NBA)2Kの話だった。いや、ジョークさ(笑)」

「ステフは楽しい男さ。彼のことはあまり知らない。だけど、彼とプレイする時はいつも俺のところにきて話しかけてくれんだ。楽しいよ」

バックスはここまでのところリーグトップの成績を記録しており、アンテトクンポがバックスを去る気配はない。

だが、タイトル獲得を逃せば、他チーム移籍の噂は加速することになるだろう。

その時、カリーとの会話が再びクローズアップされることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA