【スポンサーリンク】

ラプターズ カイル・ラウリーなど主力3人のトレードを検討?

昨季王者のトロント・ラプターズは近い将来、ロスターの若返りに動くかもしれない。

カワイ・レナードを失ったラプターズだが、主力プレイヤーたちの負傷離脱が相次いだにもかかわらず、現地21日の時点でイースタン・カンファレンス3位につけている。

だが、トップクラスに長くい続けるためには、ベテラン3人のトレードも厭わないようだ。

the Los Angeles Timesによると、ラプターズはベテランのカイル・ラウリー、マーク・ガソル、サージ・イバカに対するトレードオファーを受け付けているという。

ガソルとイバカの契約は今季が最終年であり、今年夏に完全FAになる。

ラプターズはガソルとイバカを長期のプランに含めておらず、他チームへの移籍の可能性もあるだけに、見返りを得たいところであろう。

一方、オールスターポイントガードのラウリーは2021年夏に完全FAになる。

ラウリーは大きな貢献者であるものの、ラウリーがトップレベルのパフォーマンスを続けているうちにトレードで放出し、大きな見返りを得たいところ。

また、フレッド・バンブリートの台頭も大きな要因のひとつであろう。

期日が約2週間後に迫った中、ラプターズはどう動くのであろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA