【スポンサーリンク】

メッタ・ワールドピース「レイカーズの練習を混乱させてしまった」

メッタ・ワールドピース「レイカーズの練習を混乱させてしまった」

元NBAプレイヤーのメッタ・ワールドピースはヒューストン・ロケッツに所属していた2008-09シーズン、ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントと激しいバトルを繰り広げた。

プレイオフではブライアントに詰め寄り、退場処分を命じられたワールドピース。

そしてその夏、ワールドピースはブライアント擁するレイカーズに加わった。

因縁の相手とチームメイトになったわけだが、ワールドピースの中のわだかまりはレイカーズ移籍後も残っていたのかもしれない。

ワールドピースによると、レイカーズのチーム練習時にブライアントとフィル・ジャクソンHCにトラッシュークをけしかけ、まるでチームメイトではないかのように振る舞ってしまったという。

ワールドピースは当時を振り返り、次のようにコメント。the Los Angeles Timesが伝えている。

ある日の練習中、僕は練習全体を混乱させてしまった。

なぜなら、彼らに「メッタがこのチームにいる。彼はリングを持っていない。我々はリングを持っている。彼は究極の敬意を払って我々に加わらなければならない」と思わせたくなかったからね。

リスペクトはしていたよ。

ただ、僕は戦わなければならなかったし、戦いたかった。

僕は彼らに負けて終わってしまったんだ。

ワールドピースによると、練習中に憤慨していたところ、ジャクソン球団社長に「ロニー(当時はロン・アーテスト)、もういいだろう」となだめられたという。

ワールドピースに詰め寄られたブライアントは一歩も引かなかったというが、その経験があったこそケミストリーを高めることができたのかもしれない。

なお、ワールドピースはNBAキャリアを通してシカゴ・ブルズ、インディアナ・ペイサーズ、サクラメント・キングス、ロケッツ、レイカーズ、ニューヨーク・ニックスでレギュラーシーズン通算991試合に出場し、平均31.7分のプレイで13.2得点、4.5リバウンド、2.7アシスト、1.7スティール、FG成功率41.4%、3P成功率33.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA