【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「レイカーズの問題はディフェンスではない」

ギルバート・アリーナス「レイカーズの問題はディフェンスではない」

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズは昨季、NBAプレイオフ進出はおろかプレイインゲームにすら出場することができなかった。

レイカーズが失望のシーズンを送った理由として挙がっているのは、選手たちの高齢化、ディフェンス、主力選手たちの負傷離脱だ。

だが、元NBAスターのギルバート・アリーナスによると、レイカーズの問題は「ディフェンスがない」ことではなく、「スコアリングできない」ことと「ディフェンスをしたがらない」ことにあったという。

アリーナスはレイカーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

(レイカーズのロスター補強を見て)僕は「彼らは何をやっているんだ?」という感じさ。

ディフェンスを加えたのはクールだ。

だが、僕はディフェンスが問題だったとは思わない。

「スコアリングできないからディフェンスをしたがらない」ことが問題だと思う。

誤解しないでもらいたいのだが、パット・ベブにはスコアリング能力がある。

彼は高校時代に平均37得点を記録していたからね。

つまり、彼はスコアリングできないというわけではなく、彼はディフェンスの才能があり、そのマインドでプレイしているということだ。

アリーナスによると、レイカーズの問題はディフェンスではないため、ベバリーを獲得することに大きな意味はないという。

アリーナスの評価が正しいか否かは、シーズンが始まってみなければ分からない。

まずはレイカーズがプレシーズンでどのような戦いを見せるのかに注目したいところだ。

なお、ベバリーは高校3年生の時に平均37.3得点、6.0リバウンド、6.0アシスト、8.0スティールを記録している。

ベバリーの大学時代とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

大学時代NBAキャリア
出場試合数70526
平均出場時間34.127.4
平均得点7.78.8
平均リバウンド5.54.3
平均アシスト2.83.5
平均スティール1.51.1
平均ターンオーバー2.01.3
FG成功率42.0%41.4%
3P成功率46.3%37.8%
フリースロー成功率73.0%75.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA