【スポンサーリンク】

NBAがリーグパスの価格を50%以上値下げへ

NBAがリーグパスの価格を50%以上値下げへ

NBAは2021-22シーズン、すべての試合をオンラインで観戦できるリーグパスを年230ドル(約3万2000円)で提供した。

だが、NBAはもっと多くのファンにゲームを観戦してもらうため、リーグパスの価格を大幅に値下げすることを決定したようだ。

fadeawayworld.netによると、NBAは2022-23シーズンのリーグパスを年100ドル(約1万4000円)で提供することを決定したという。

リーグパス加入者にはすでにその通知が届いており、ファンは月15ドル(約2100円)の支払いも選択できると報じられている。

また、複数の試合をストリーミング視聴でき、コマーシャルが入らないプレミアムパッケージは、280ドル(約3万9000円)から130ドル(約1万8000円)に値下げされるという。

今回の大幅値下げにより、リーグパスに加入するNBAファンは増加するだろう。

NBAは若いファンが多いというが、彼らにとってNBAがより身近な存在になるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    一方楽天は値上げした模様

  2. By 匿名

    日本のクソ楽天は22-23シーズン値上げしたけどな‥さっさと独占契約破棄してほしい

*

CAPTCHA