【スポンサーリンク】

ジェイレン・ローズ「ベン・シモンズをポイントガードとして育てたのは間違い」

ジェイレン・ローズ「ベン・シモンズをポイントガードとして育てたのは間違い」

ブルックリン・ネッツのベン・シモンズは、NBAキャリアを通してポイントガードのポジションでプレイしてきた。

だが、NBAで活躍する多くのポイントガードはアウトサイドシュートを大きな武器のひとつにしている一方で、シモンズはシュートを得意としていない。

元NBA選手のジェイレン・ローズによると、シュートがないシモンズをポイントガードとして育てたのはフィラデルフィア・セブンティシクサーズの過ちだという。

ローズはシモンズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

フィラデルフィアがベン・シモンズをポイントガードとして育てたのは間違いだった。

その理由はこうだ。

ペイントエリアの外からショットを狙わないなら、その選手をフロアのトップに置くのは難しい。

ブルックリン・ネッツもそう感じているのか、来季はシモンズにフォワードとセンターのポジションでプレイさせると見られている。

シモンズがメインのボールハンドラーとなるケースもあるだろうが、ネッツにはカイリー・アービングとケビン・デュラントというNBA屈指のスコアラーがいるうえ、セス・カリーやジョー・ハリス、パティ・ミルズといった優秀なアウトサイドシューターも抱えているため、シモンズはプレイメイクとディフェンスに専念することができるだろう。

果たしてシモンズは新たなポジションに活路を見出し、NBAキャリアを取り戻すことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA