【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス「接種しなければよかった」

アンドリュー・ウィギンス「接種しなければよかった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンスはキャリアを通して初めてNBAオールスターに選出され、さらにNBAチャンピオンに輝くなど素晴らしいシーズンを送った。

ワクチンの接種を拒否し、NBAに宗教を理由に免除を要請したものの認められず、開幕直前に接種を決断したウィギンス。

その結果、素晴らしい結果でシーズンを終えたわけだが、ウィギンスによると、今も接種を受けなければよかったと考えているという。ウィギンスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

正直に話すと、今も接種しなければ良かったと思っている。

だが、やらなければならないことはやらなければならない。

だからやった。

今季はオールスターに選出され、チャンピオンになった。

それが良かったことだ。

キャリア最高のシーズンを逃さなかったのだからね。

だが、自分の身体に異物は入れたくない。

(接種が)自分自身の選択ではなかったことについては気に入っていない。

接種を受けるかプレイしないか、どちらかひとつを選択するのは嫌だったんだ。

ウィギンスは結果としてNBAキャリア最高のシーズンを送り、市場価値を飛躍的に高めることに成功した。

接種については賛否あるものの、ウィギンスはこれからもNBAキャリアとチームにとって最善となる選択をすることだろう。

なお、ウィギンスの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数73598
平均出場時間31.935.0
平均得点17.219.3
平均リバウンド4.54.4
平均アシスト2.22.3
平均スティール1.01.0
平均ターンオーバー1.52.0
FG成功率46.6%44.8%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
35.0%
フリースロー成功率63.4%72.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA