【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがネッツに苦言「常に闘争心を持たないと」

カイリー・アービングがネッツに苦言「常に闘争心を持たないと」

NBAスターのケビン・デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツは現地19日、ザイオン・ウィリアムソン、CJ・マッコラム、ブランドン・イングラム擁するニューオーリンズ・ペリカンズと対戦し、22点差で敗れた。

ネッツは序盤からリズムを掴むことができず、ペリカンズに二桁リードを奪われると、その後追い上げる場面もあったが、ペリカンズに突き放されてしまった。

3ポイント6本すべてミスし、15得点にとどまったアービングによると、ネッツには闘争心が不足しているという。

アービングはペリカンズ戦を終えた後、ネッツについて次のように指摘。larrybrownsports.comが伝えている。

これはシーズンを通してお馴染みのテーマになるだろう。

それは、常に闘争心を持ってプレイしなければならないということだ。

僕は「あれやこれをしなければならない」と言うために試合後にここに座りたくない。

これは大人のリーグであり、最もフィジカルなチームが勝つんだ。

ネッツがプレシーズンでマイアミ・ヒートに29点差で敗れた時も、アービングは闘争心の不足を指摘していた。

オフシーズンにいろいろなことがあったものの、それを乗り越え、チーム一丸になり始めたように思えたネッツ。

果たしてここから立て直し、NBAタイトルコンテンダーとしての強さを取り戻すことができるだろうか?

なお、開幕戦のアービングのスタッツは以下の通りとなっている。

NOP戦
出場時間34
得点15
リバウンド2
アシスト5
スティール2
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率31.6%
(6/19)
3P成功率0%
(0/6)
フリースロー成功率100%
(3/3)
+/--18

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    このスタッツでその発言、さすが一流のKY。
    こいつがいると、優勝できる気がしないぜ。

*

CAPTCHA