【スポンサーリンク】

トレイ・ヤングがトレード市場で注目を集める?

トレイ・ヤングがトレード市場で注目を集める?

アトランタ・ホークスは昨年夏のトレードでNBAオールスターガードのデジョンテ・マリーを獲得した。

マリーとトレイ・ヤングのNBAオールスターバックコートにはホークスをさらなる高みに牽引する働きが求められているが、現在16勝16敗イースタン・カンファレンス9位と、十分な結果を残すことができていない。

もしこの状況が続くようなら、ホークスはロスターの調整に動くだろうが、他のNBAチームはヤングとホークスの関係性を注視しているのかもしれない。

Bleacher Reportによると、もしホークスがNBAプレイオフで昨季以上の成績を収めることができなければ、他のチームの幹部はヤングがトレードを要求する可能性があると考えているという。

ホークスは2020-21シーズンにNBAプレイオフに復帰すると、ファーストラウンドでニューヨーク・ニックスを、カンファレンスセミファイナルでシクサーズを下し、2014-15シーズン以来となるカンファレンスファイナル進出を達成。

だが、ヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックス・バックスに敗れ、NBAファイナル進出はならなかった。

また、昨季はNBAプレイオフに進出したものの、マイアミ・ヒートにファーストラウンドで敗れた。

ヤングの契約は2025-26シーズンまで(2026-27シーズンはプレイヤーオプション)残っている。

まだ24歳と若いヤングがトレードを要求した場合、ホークスは見返りに相当な資産を要求するだろう。

とはいえ、すべては今季のホークスの結果次第となりそうだ。

なお、ヤングとネイト・マクミランHCの関係が悪化していると噂されており、多くのNBAチームはホークスの状況を注視していると報じられている。

ヤングの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数29309
平均出場時間35.833.8
平均得点27.625.5
平均リバウンド2.9
(キャリアワースト)
3.8
平均アシスト9.8
(キャリアハイ)
9.2
平均スティール0.7
(キャリアワースト)
0.9
平均ターンオーバー3.94.1
FG成功率41.1%
(キャリアワースト)
43.7%
3P成功率30.7%
(キャリアワースト)
35.0%
フリースロー成功率90.4%
(キャリアハイタイ)
87.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す