【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがトレードの噂について「組織が決めること」

ザック・ラビーンがトレードの噂について「組織が決めること」

シカゴ・ブルズは現地6日にNBAオールスターのジョエル・エンビードとジェイムス・ハーデン擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズに勝利し、今季の成績を18勝21敗とした。

この日はNBAオールスターのデマー・デローザンがFG成功率30.8%(4/13)とリズムを掴むことができなかったものの、相棒ザック・ラビーンが11本の3ポイントを含む41得点と大暴れ。

トレードの噂がある中でのこのパフォーマンスは、ラビーンの必要性を改めて知らしめたと言えるだろう。

そのラビーンがブルズの現状とトレードの噂について語った模様。ラビーンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕たちは昨季の今頃のようなチームになれることを示したと思う。

僕たちはイーストでナンバーワンのチームだった。

ベストの状態なら、僕たちはリーグで最高のチームのひとつだ。

(トレードは)彼ら(ブルズのフロントオフィス)が決めることだ。

僕は毎晩コートに立つだけだ。

僕たちはあまり勝っていないが、ロスターについては心配していないよ。

ブルズは現地2月9日のトレード期限までに成績が向上しなければ、ラビーン、デローザン、ニコラ・ブーチェビッチのビッグ3体制を解体すると噂されている。

中でもラビーンには多くのNBAチームが関心を持っているというが、トレードの噂に巻き込まれないためにもシクサーズ戦で見せたようなパフォーマンスを続けたいところだ。

なお、シクサーズ戦のラビーンのスタッツは以下の通りとなっている。

シクサーズ戦
出場時間38
得点41
リバウンド2
アシスト6
スティール2
ブロックショット1
ターンオーバー3
FG成功率73.7%
(14/19)
3P成功率84.6%
(11/13)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/-+17

【スポンサーリンク】

コメントを残す