【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンがNBAチームのオーナーになった理由とは?

マイケル・ジョーダンがNBAチームのオーナーになった理由とは?

NBA史上最も偉大な選手のひとりであるマイケル・ジョーダンは、現在シャーロット・ホーネッツのオーナーを務めている。

残念ながらオーナーとして結果を残すことができず、かつての親友だったチャールズ・バークレーにはオーナーとしての手腕を批判されてしまったわけだが、ジョーダンはなぜNBAチームのオーナーになろうと思ったのだろうか?

ジョーダンは以前、インタビューの中でオーナーになった理由について次のように明かしていたという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は常にバスケットボールと繋がっていたい。

なぜなら、僕の愛は常にバスケットボールに向けられているし、僕が持っているゲームの知識をこれからの選手たちに伝えるためには、オーナーになるのがベストだと思ったんだ。

選手たちからリスペクトを得ることができる。

選手たちとコミュニケーションを取ることができる。

このリーグで活躍するために必要なことを選手たちに理解させることができる。

それが理由さ。

ホーネッツは今季も厳しい戦いを強いられている。

10勝29敗の成績はヒューストン・ロケッツと並んで今季のNBAでワーストだ。

ジョーダンはホーネッツの選手たちにバスケットボールの知識を伝え続けているのかもしれないが、あまりに偉大なジョーダンの言葉を選手たちが完全に理解するのは難しいのかもしれない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す