【スポンサーリンク】

レイカーズ上昇の鍵を握るのはラッセル・ウェストブルックの3ポイントとフリースロー?

レイカーズ上昇の鍵を握るのはラッセル・ウェストブルックの3ポイントとフリースロー?

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズは現在17勝21敗、ウェスタン・カンファレンス12位にとどまっている。

アンソニー・デイビスに続き、オースティン・リーブスとロニー・ウォーカーが怪我による離脱を余儀なくされたため、レイカーズの厳しい時間はまだ続くだろう。

そんな中、ラッセル・ウェストブルックにまつわる気になる数字が明らかになった模様。

fadeawayworld.netによると、今季のウェストブルックは3P成功率とフリースロー成功率両方でNBAワースト5に入っている唯一の選手だという。

ウェストブルックは今季、シックスマンの役割を受け入れ、ベンチから爆発力を提供している。

レイカーズもウェストブルックの貢献を高く評価し、少なくとも今季はロスターに残すと見られているが、レイカーズがNBAプレイオフ進出を狙うためにはウェストブルックのシュートの改善が不可欠なのかもしれない。

レギュラーシーズン前半が終わりに近づく中、ウェストブルックの奮起に期待したいところだ。

なお、NBAの今季3P成功率とフリースロー成功率のワースト10は以下の通りとなっている。

フリースロー成功率ワースト10

順位選手所属試合数FT成功率
1メイソン・プラムリーCHA3958.9%
2アーロン・ゴードンDEN3365.4%
3ヤニス・アンテトクンポMIL2866.0%
4ユスフ・ナーキッチPOR3266.7%
5ラッセル・ウェストブルックLAL3567.2%
6ルディ・ゴベアMIN3367.3%
7ジョン・ウォールLAC3067.9%
8イビチャ・ズバッツLAC3869.1%
9カイル・クーズマWAS3869.5%
10クリスチャン・ウッドDAL3670.7%

3P成功率ワースト10

順位選手所属試合数3P成功率
1ラッセル・ウェストブルックLAL3527.5%
2ジェイレン・ノーウェルMIN3929.5%
3レブロン・ジェイムスLAL2930.1%
4ケリー・ウーブレCHA3530.8%
4トレ・マンOKC3330.8%
6ジョーダン・プールGSW3930.9%
7ジャ・モラントMEM3331.0%
7パオロ・バンケロORL3231.0%
9トレイ・ヤングATL3431.1%
10ボビー・ポーティスMIL3831.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す