【スポンサーリンク】

シクサーズにタンパリングの疑惑?

シクサーズにタンパリングの疑惑?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは先日、NBA屈指のディフェンダーであるPJ・タッカーと契約した。

FA市場がスタートする前からタッカーとの契約が噂され、FA交渉解禁直後に契約合意を勝ち取ったシクサーズ。

だが、NBAはこの動きに疑惑の目を向けているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、NBAはシクサーズにタンパリングの疑惑があるとし、調査に乗り出す可能性があるという。

NBAはシクサーズだけでなく、ニューヨーク・ニックスにもタンパリングの疑惑があるとし、調査する可能性が高いと報じられている。

ジェイレン・ブランソンはFA交渉解禁直後にニックスと面談。

その後ダラス・マーベリックスとマイアミ・ヒートとも面談する予定だったもののすべてキャンセルし、ニックスとの契約に即合意した。

昨年のオフシーズン中にはカイル・ラウリーを獲得したヒートと、ロンゾ・ボールを獲得したシカゴ・ブルズにタンパリングがあったと認められ、NBAは両チームのドラフト2巡目指名権を没収。

シクサーズとニックスにタンパリングがあったと判断された場合、NBAは同様の処分を下すことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA