【スポンサーリンク】

クリスタプス・ポルジンギスが時差について「言い訳にはならない」

クリスタプス・ポルジンギスが時差について「言い訳にはならない」

ワシントン・ウィザーズはNBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレシーズン2試合を終え、アメリカに帰国した。

ウィザーズの選手たちは約2週間後に迫ったNBA2022-23シーズン開幕に向けて再調整することになるが、まずは体内時計を元に戻すところから始めなければならない。

ウィザーズのメディカルスタッフは時差に対処するための計画を立てているというが、クリスタプス・ポルジンギスによると、時差の問題はすぐに克服できるという。ポルジンギスのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

もちろん僕たちは正しいことをやらなければならないし、できるだけ早くリズムを取り戻さなければならない。

だが、僕たちは皆若い。

皆アスリートだし、DCの時間にかなり早くアジャストできると思うよ。

次の試合まで十分な時間がある。

だから問題にはならないだろうし、言い訳にすべきではない。

ウィザーズはウォリアーズとのプレシーズン2連戦を0勝2敗で終えた。

だが、開幕に向けて貴重な経験となったのは間違いない。

ウィザーズの選手たちはすぐに体内時計を元に戻し、NBA2022-23シーズン開幕に向けてペースを上げることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA