【スポンサーリンク】

レイカーズがペイサーズとトレード交渉?ロブ・ペリンカGMがインディアナに発つ

レイカーズがペイサーズとトレード交渉?ロブ・ペリンカGMがインディアナに発つ

ロサンゼルス・レイカーズはアウトサイドシュートを課題のひとつとしている。

NBAスターのレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスのインサイドでのプレイを助けるためには高い精度のアウトサイドシュートが不可欠だが、レイカーズはオフシーズン中にシューターを獲得することができなかった。

だが、ようやく重い腰を上げようとしているのかもしれない。

Lakers Dailyによると、レイカーズのゼネラルマネジャーを務めるロブ・ペリンカがインディアナに発つところを目撃されたという。

レイカーズはNBA屈指の3ポイントシューターであるバディ・ヒールドに関心を持っていると噂されている。

そのためか、ヒールドはペリンカGMがインディアナに向かったという報道が出た後、意味深なツイートを投稿した。

https://twitter.com/ClutchPointsApp/status/1592723700679577601

レイカーズが次に対戦するのは現地11月28日。

ペリンカGMはそれにも関わらずインディアナに向かったため、トレードを交渉するとの見方が大勢を占めている。

あくまで憶測に過ぎないが、ヒールド周辺はますます騒がしくなりそうだ。

なお、ヒールドの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数12480
平均出場時間31.529.3
平均得点18.816.0
平均リバウンド5.54.3
平均アシスト3.22.5
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー1.91.8
FG成功率46.9%43.1%
3P成功率40.8%39.8%
フリースロー成功率86.7%86.5%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    獲得できてもレブロンとAD中心じゃせいぜいプレイオフにしかいけん

*

CAPTCHA