【スポンサーリンク】

シーズンハイ48得点のカイリー・アービング「勝つためなら何でもやる」

シーズンハイ48得点のカイリー・アービング「勝つためなら何でもやる」

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントを怪我で欠くブルックリン・ネッツは現地20日にユタ・ジャズに勝利し、連敗を4で止めた。

この日はカイリー・アービングがシーズンハイの48得点、11リバウンド、6アシスト、4スティールと大活躍。

デュラント不在のネッツをリーダーとして牽引し、勝利に導いた。

アービングは試合後、リーダーの役割について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

冷静であり続け、小さなこともやり、模範となって牽引する。

勝つためなら何でもやる。

それがここでの目標だ。

チームメイトたちが全力を尽くし、僕の仕事をすごく簡単にしてくれた。

だが、僕が先陣を切っているといないとでは大きな違いがあるんだ。

元NBA選手のケンドリック・パーキンスはデュラントが負傷離脱した後、アービングに「君にやれるのか?」などと発破をかけていた。

パーキンスはこの日のアービングを見ただろうか?

アービングはこれからもリーダーとしてネッツを牽引し、勝利に導くに違いない。

なお、アービングのジャズ戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ジャズ戦
出場時間39:00
得点48
リバウンド11
アシスト6
スティール4
ブロックショット0
ターンオーバー1
FG成功率62.1%
(18/29)
3P成功率53.3%
(8/15)
フリースロー成功率66.7%
(4/6)
+/-+23

【スポンサーリンク】

コメントを残す