【スポンサーリンク】

ラバー・ボールが離脱中の息子ロンゾ・ボールに「ゆっくりでいい」

ラバー・ボールが離脱中の息子ロンゾ・ボールに「ゆっくりでいい」

シカゴ・ブルズのロンゾ・ボールは先月、膝にある異物や損傷・死滅した組織を取り除く手術を受けた。

ボールは4~6週間の離脱が見込まれているが、父ラバー・ボールによると、ボールの膝は明らかに改善してきているという。

ラバー・ボールは息子ロンゾ・ボールの状況について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼らは適切に対処した。

破片のようなものが彼の足の神経に触れていたんだ。

そのため足を曲げたりすることができなかった。

彼はすごく痛がっていたが、今は落ち着いた。

彼の様子を見てきたよ。

彼には「4~6週間で無理に復帰しようとするな」と伝えた。

ゆっくりでいいんだ。

ゾー、君のやり方でやれ。

完全に健康になって戻ってこい。

ボールは手術を受ける前、膝の状態はまったく改善しておらず、走ったりジャンプしたりするのはもちろん階段を上がる時でさえ痛みがあることを明かしていた。

今回の手術により膝の問題は根本から解決されるだろう。

だが、ブルズを指揮するビリー・ドノバンHCは先日、ボールについて「シーズン全休を覚悟している」と語ったように、ボールは時間をかけて健康を取り戻すことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA