【スポンサーリンク】

台湾のチームがエネス・カンター・フリーダムとアイザイア・トーマス獲得を狙う?

台湾のチームがエネス・カンター・フリーダムとアイザイア・トーマス獲得を狙う?

元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードは先日、台湾のチームと契約したことを発表した。

これをきっかけに、台湾では元NBA選手を獲得しようとする動きが強まっているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、台湾のチームが元NBA選手のエネス・カンター・フリーダムとアイザイア・トーマスを獲得候補リストに加えているという。

桃園レオパーズがハワードと契約した後、ハワードが出場するであろうアウェイゲームのチケットがほぼソールドアウトしたと報じられた。

その後、台南TSGゴーストホークスが元NBAオールスターフォワードのカーメロ・アンソニー獲得を狙うとされたが、アンソニーはNBAでのプレイにこだわり、現時点では台湾のチームではプレイしないと見られている。

だが、もしアンソニー、カンター・フリーダム、トーマスを獲得すれば、プロ化2年目を迎えるT1リーグはNBAで活躍の場を失った選手にとっても注目のバスケットボールとなるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これは興味あるわ
    台湾の企業やリーグを批判して避けるのかな

  2. By 匿名

    トーマスはともかく、トルコが怖いと言って欧州遠征から逃げたフリーダムさんが批判しまくっている中国の近くでプレーするかな?台湾有事なんて騒いでるしw

*

CAPTCHA